*ブログに表示してある金額は「書き込み当時」の金額です。  購入時期により 数量 金額 送料 手数料等の金額が  変わっている場合がございます  金額変更によりバナー表示の金額とも 違う場合があります  各サイトにて最終的にご確認ください (m´・ω・`)m
 掲載している感想などは 個人の使用感であり、実感を保証するものではありません


2018年12月03日

出張買取のバイセルは早く!高く!がモットーです

こんにちは!aiです
先日大規模な商品展示会に行ってきましたので
その内容をお知らせしたいと思います

今年は72ブースもの出展者様がいらして
どのブースの方も気さくにお話をしていただける方でした

まずは〜
◆坂上忍さんのCMでおなじみの
ブランド買取専門/バイセル」さんなのですが

査定は無料♪
査定料、送料、出張料など、すべて無料!
ご入金の際の振込手数料も無料♪

DSC_4521.jpg

しかも「出張買取」なんで
買ってもらいたいもの 査定してほしいものを
用意して待つだけです

着物や毛皮ブランド品骨とう品ならわかるのですが
庶民感覚的な
「切手」「古銭」も買取していただけるようです
(古銭は送付査定できません)

注意しないといけない点は
何でも買っていただけるわけではなく
確認したところ
ローブランド品やノーブランド、家具などは
無理なようです

なので
おうちで眠っている
シャネル HERMES グッチ コーチなど
俗にいう ハイブランド
皆が高級品やねって思ってもらえる商品であれば
買取の可能性はあると思います

電話で確認♪


最近買い取り実績が上がってきているのは
「着物」だというお話を聞きました

理由は 相続など親や祖父母などの遺品整理で
出てきたものの処分に困る
でも捨てるのは忍びないという感じでしょうか

遺品整理で出てきたものでもOKのようですから
一度連絡をしてみてもいいと思います

着物ってハー〇オフなんかでは買取してもらえませんし
質屋に持っていくほどのものでもないし
とりあえず査定だけでもしてもらうのがいいと思います

牛首紬 ピンク 証紙-tile.jpg
画像はバイセルさんにお借りしております(人ω・*)

またこれからの季節
複数彼氏からヾ(゚Д゚ )ォィォィ
同じプレゼントをもらってヾ(゚Д゚ )ォィォィ
査定に出されるということもあるようです
ハイブランド品のバッグやアクセサリーは
需要が高いから・・・

ちょっと悪いけどお小遣いに…と思っている方
気軽に電話してみてくださいね♪

私の場合
バイセルさんを使うとすれば
「相続」でしょうかね

今現在相続抗争中で
貴金属の価値価格について
購入価格はわかるけど
今の価値がわからない
でも 売ってしまいたいという状況なんです

まだ相続人全員(多いのよねー)と
相談はしていないんだけど
もしもの時には

バイセルさんに相談 査定買取してもらおうと思っています

展示会に来ていた説明してくれる人に
聞いてみたのですが
アフターフォローが素晴らしいようで

「その場で OKして お金ももらったけど
やっぱり安いんじゃないかって思ったが言い出せなかったという意見が
あるかもしれない!
言い出せない人のために
フォロー電話がかかってきます」とのことです

査定委員さんに言えなかったことを伝えることができます

もちろん 満足な査定だった場合も伝えてもらえると
喜びますヽ(*´∀`)ノ

いろんな買取があるけれど
無店舗型なのでスピーディに動くことができます

またクーリングオフもできますので
安心ですね
(間違えて大事なもの売ってしまった…という場合も
もしかしたらあるかもしれない)

何かを売るというのは
本当にデリケートな話だと思います
誰かが今まで大事にしていたものならなおさらです
それを丁寧に査定するというお話をしてくださいました

きれい美人のサイトに来ている方で
着物 ブランド品 貴金属…もう使わないよーという方は
ぜひ バイセルさんサイトで確認して
連絡してみてくださいね

いつもありがとう〜

<2018展示会No47>


ブランド品売るならバイセルにお任せください━━━


◎あなたのブランド品、満足買取を目指します!
◎最短30分でご訪問!
◎出張料は無料!
◎宅配査定の送料は弊社負担だから安心!
◎キャンセル料は発生しません!








電話して早ければ30分以内 遅くとも当日に来てくださるようなので
早くに査定 現金化したい人にはうれしいですね
もちろん 売り買いですので
売る人は身分証明書の提示が必要になりますので
よろしくお願いたします (*´∇`)ノシ
2018/12/03 ai


posted by ai at 17:46| Comment(0) | 服飾・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント